富山城
●地図● 富山市本丸 2022年6月25日更新(最終訪問日 2018年7月14日)

案内図(南北逆です)
◆概要◆
越中守護代・神保長職が家臣の水越勝重に命じて築いたとされます。 神通川を城の防御に利用し、水に浮いたように見えるために「浮城」の異名をとりました。 富山は越中のほぼ中央に位置して交通の要衝にあたるため、争奪の的となり抗争が繰り返されました。 織田信長の家臣・佐々成政が城主となると、大規模な改修を加えました。 しかし、佐々成政が豊臣秀吉と袂を分かつと10万の大軍に囲まれ降伏し、富山城は破却されました。 越中が前田利長に与えられると富山城に大改修を行い、この城で隠居しました。 一時主要部を焼失して高岡城に移っていましたが、三代藩主・前田利常の次男・利次が幕府の許しを得て富山城を本格的に修復。 以後、富山前田氏13代の居城として明治維新を迎えました。 廃藩置県により廃城となると建築物は払い下げられました。 1954年に戦後最初の模擬天守が建築され、富山市郷土博物館となりました。


城址公園整備計画イメージ図
●続日本100名城スタンプ設置場所●
 富山市郷土博物館
 開館時間:9時〜17時(入館は16時半まで)
 休館日:12月28日〜1月4日
 入館料:大人210円、高校生以下無料


北側を流れる松川

富山城・城址公園

土塁の痕跡

西側の内堀跡

南側の内堀

郷土博物館

本丸南側の虎口

本丸南側の虎口

本丸南側の虎口

郷土博物館

郷土博物館

土塁

千歳御門(移築現存)

佐藤記念美術館

建物が古いせいかそれっぽく見えます


inserted by FC2 system