府内城
●地図● 大分市荷揚町 2019年9月1日更新(最終訪問日 2019年8月9日)
◆概要◆
大分市の中心に位置する梯郭式平城で、大分城とも呼ばれます。 侍町である三の丸が北西から南東に大きく広がり、本丸を囲んでいます。 それぞれの曲輪は堀で仕切られ、渡櫓・廊下橋で連結されていました。 大友氏時代は「荷落」という地名でしたが、大友義統の改易後に城主となった福原直高が縁起を担いで「荷揚」と地名を改めました。 関ヶ原の戦で西軍に属したため、福原直高はわずか3年で改易されました。 次に城主となった竹中重利は大改修を加え、四重の天守を建てました。 この天守は江戸中期の1743年に火災のため焼失し、現在は天守台のみが残っています。 江戸時代には府内藩の藩庁が置かれ、明治時代に本丸・東丸・西丸の建造物以外は破却されました。 太平洋戦争の空襲により櫓が数棟焼失しましたが、人質櫓と宗門櫓が現存しています。 また、3棟の二重櫓と大手門、土塀、廊下橋などが復元されています。

●日本100名城スタンプ設置場所●
 大手門櫓下
 常時押印可
 府内城絵巻コンテナハウス
 開いている時間:13時〜20時


平櫓と着到櫓

平櫓と二階櫓(工事中)

着到櫓

大手門

大手門

100名城スタンプ

府内城絵巻コンテナハウス

宗門櫓(荒壁の乾燥中)

仮想天守(夜間は光ります)

西之丸角櫓〜着到櫓の内堀

西之丸角櫓と西側の内堀

西側の出入口

二階櫓跡

冠木門跡

廊下橋

本丸櫓台

天守台

天守台から見た廊下橋

廊下橋と二階櫓跡

山里丸の石垣

廊下橋

山里丸跡にある松栄神社

天守台、本丸櫓台と仮想天守

人質櫓

帯曲輪の公園は工事中

帯曲輪沿いの水路も堀跡

帯曲輪沿いの堀跡

トップページに戻る 大分県の城跡 ページの一番上に戻る

inserted by FC2 system